らくがきacのつくりかた

らくがき、音楽、暗号通貨、未来予想などについて… since 2016/1/1~

ノーマルだんぼっちを改造してみた(その1)!~ 黒だんぼっち編~

こんにちは。らくがきacです。

今日は、2ヶ月前から愛用しているダンボールの防音室「だんぼっち」を改造してみたので、ブログに改造のコツをメモして残しておこうと思います。

まず、だんぼっちって何?

だんぼっちとは、お一人さまサイズのかわいい防音室です。

サイズはセンチメートルだとこのくらい。

外寸:W80×D110×H164(cm)
内寸:W74×D104×H148(cm)

ほぼ毎日、私はこのだんぼっちの中に入って、英語の勉強としてSUのキャラのモノマネをやったりしています。

あと、瞑想したりするためにも、入ったり出たりしてて、とにかく愛用しています。

私はせまい場所が好きなので、中に入っていると、とても心が落ち着くのです。

だんぼっちはひとり部屋としてよいけど、防音に期待しすぎてはいけない

だんぼっちは防音室として売られているけど、あんまり高い防音効果を期待してはいけません。

防音効果のイメージとしては、ダンボールの壁一枚分だけ音が減ってくれるイメージです。

だから、防音室というよりは、減音室(?)という感じがします。

せまくて落ちつく部屋として最高なのでそれでも十分よいのですが、防音がもうちょっと強かったらさらに最高になれるのにな~という気持ちになるのは否めません…。

だんぼっちを改造しよう!

ノーマルだんぼっちを2ヶ月使ってみて、さらなる防音への欲望が出てきた私は、ノーマルだんぼっちを装甲だんぼっちへと改造してみることにしてみました。

装甲だんぼっちとは、私の大好きなボカロPのきくおさんが作った改造だんぼっちのこと。

だんぼっちの防音性能が低すぎたので限界まで装甲を足したらなんとかなった改造録

ノーマルだんぼっちに鉛シート(遮音)+MGボード(吸音)を足して最強装甲にしていくらしい…これはすごそう!!!

今回私は、予算のかねあいで鉛シートだけ買って、MGボードはまた今度お小遣いがたまったら取り付けることにしました。

※ 防音的には遮音だけしても費用対効果がよくないです!みなさんはお金をちゃんとためて遮音と吸音、両方同時にやることをおすすめします。

黒だんぼっち制作にいるもの

今回私がつくる鉛シートだんぼっちは、鉛シートで内装がまっ黒になるから黒だんぼっちと名付けることにしました。

必要なものは、粘着テープつき鉛シート(0.3mm × 920mm × 10m)と100円ショップの裁ちばさみ、マスキングテープ、スリッパです。

f:id:rkgk_ac:20161009224542j:plainf:id:rkgk_ac:20161009224750j:plain

あとはドアの取っ手のねじを外すのに4.0の六角があるとよいです。

f:id:rkgk_ac:20161009224316j:plainf:id:rkgk_ac:20161009224326j:plain

きくおさんは鉛シートと粘着テープと鉛テープを別々に買っていましたが、私はなんとかしてお金を節約しなくてはいけない時期だったので、粘着テープ付き鉛シートに1人3役させていく方針でやることにしました。

黒だんぼっち制作のコツ

私はサイズの採寸をせずに、各だんぼっち面の1辺に鉛シートの直線部分をあわせて、切り取るのこりの3辺は足で踏んで跡を軽くつけたのち、ペンのふたとか先が鋭利なもので強く跡をつけ、その跡を裁ちばさみでスーッと切ってゆきました。

f:id:rkgk_ac:20161009225750j:plainf:id:rkgk_ac:20161009225753j:plain

足で踏むとき鉛シートが動くので、はしっこをマスキングテープでとめて作業するとよかったです。

f:id:rkgk_ac:20161009225758j:plain

切ったら気合で貼っていきます。

鉛シートの「ソフトカーム」、ふわふわした名前のわりに死ぬほど重たいです。

途中から腕が上がらなくなるけど気合で貼っていきます。

このとき、スリッパを履いてアイススケート選手みたいに足を交互に動かしたり、手にスリッパを履いて版画のバレンみたいにして気泡を入れないように工夫するとよいです。

1.5メートルの巨大な液晶保護フィルム貼りと思ってやると精神衛生上よいです。失敗してもしょげちゃだめです。

できあがり&まとめ

6時間くらいかかりましたがなんとかできあがりました!!!

きになる防音アップのほどは……角を埋めていないのとMGボードがないことで、そこまで性能アップしていません><;

なので、またMGボード購入後に、だんぼっち改造~白だんぼっち編~を書こうと思っています!

今日はここまで。

Spotify Japanサービス開始!好きなアルバムをまとめてみた!

2016年9月29日、音楽の聴き放題サービス最大手のSpotifyが日本でも使えるようになりました。

月額980円で4000万曲の楽曲が楽しめるとのことです。私は海外の音楽が好きなのでSpotify日本解禁をずっと心待ちにしていました。やっと使えるようになって嬉しいです。

今日は、日本のSpotify解禁をお祝いして、Spotifyで聴けるようになった私が好きなアルバムを紹介してみようと思います。

それでは以下7枚いってみましょう~。

Xenna - kors k and MAYA 

まずは、コナミの音ゲで大好きなMAYAさん(ジャケ絵)とkors kさん(楽曲)のコラボアルバムXenna。コミケC89で頒布されていたものがSpotifyでも楽しめます。

Technicoral - coralmines

先月(2016年8月)リリースされたcoralminesさんのアルバムも聴けます。私は海外ボカロPの曲が好きでよく聴くのですが、coralminesさんの曲は作詞だけ日本の方とコラボでつくることが多いみたいで、海外感がほとんどないです。

Don't Forget - Slime Girls

ロサンゼルスにいるペドロさんのソロプロジェクト"Slime Girls"で先月リリースされたアルバム"Don't Forget"。Slime Girlsはかわいい曲をたくさん作ってくれるので大好きです。Spotifyには過去のアルバムもカタログされていました。わ~い。

Art Nature - Tomggg

近年のDTM界にかわいみサンプリングボーカルの流行を作ったTomgggさんの,今年出したシングルArt Natureもありました。なにもかもがかわいい。

Tokyo Elvis - Tokyo Elvis

フロリダのオーランドにいるフランクさんのプロジェクトTokyo Elvis。7月に出たアルバムがストリーミングできます。音の数が少ないのにしっかり聴かせる技のある人です。ちぐはぐした日本語詞のボカロもかわいくて大好き。

Re:Tuned -  crafTUNER

インドネシアのボカロサークルcrafTUNERのアルバムもあります。所属ボカロPはaoWAVEさん, Farhanさん, Geneseさん, idoyklikさん, PG2125さん,他サークルのREDSHiFT,Vesuviaも参加。特に私が大好きなのはfarhanさんの曲です(12曲め)。インドネシア語ボカロ曲も雰囲気があってよい~。

Kikuo Miku 4 -  きくお

Spotify、きくおさんのアルバムがたくさんあって嬉しかったです。きくおミク1,2,3,4、KIKUOWORLD1,2がカタログされています。いくつかの曲名が英語訳で登録してあってよいです。"てんしょう しょうてんしょう"を"Reincarnation Ascensation"とか、ご本人もゆってたけどすごい翻訳ですね。

まとめ

ついに日本にやってきたSpotify、探せば探すほどいろんな曲があっていつまでも楽しめます。とくに私的にうれしいのはdjayのアプリと連携していて、作ったプレイリストを読み込ませて遊ぶことができるってところです。 

これでどこにいてもiphoneがあればDJごっこできる!これからまだまだ聴いたことのない音楽に出会うのが楽しみです。

らくがきミックス009 「🎉スポティファイジャパンロンチおめでとうミックス🎉」つくりました!

9個めのらくがきミックスはスポティファイジャパンロンチ記念ミックス!

今月も月に一度のらくがきミックスのお時間がやってきました。らくがきミックスとは,私のお気に入りの音楽をつなげてつくる30分のノンストップ波形のことです(なんで30分なのかというと,帰り道にちょうど聴ける長さだからです)。

今月は2016年9月29日からはじまった音楽聴き放題サービススポティファイジャパンのサービスインを記念して、スポティファイで聴けるようになった好きなアーティストの曲を集めてミックスをつくってみました。スポティファイ何年も待っていたのでうれしさもひとしおです。

それではこちらからミックスをどうぞ~。

soundcloud.com

🎶🎶🎶トラックリスト🎶🎶🎶

🎶🎶🎶過去のらくがきミックスまとめはこちらから🎶🎶🎶 

soundcloud.com

超一流になるのは才能か努力か?を読んでみた!感想メモ。

 こんにちは。らくがきacです。

今日は「超一流になるのは才能か努力か?」という本を読んだので、読んで考えたことについてメモを残していきたいと思います。

「超一流になるのは才能か努力か?」ってどんな本?
超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?

著者のK・アンダース・エリクソンさんは「人間はどのようにして超一流と呼ばれる能力を身につけるのか?」というテーマについて何十年も研究してきた心理学者です。

この本にはその数十年の研究の成果がまとめられています。共著者のロバート・プールさんはプロのライターです。研究者の単著じゃなくて、研究者とライターさんがタッグを組んで書かれているので、とっても読みやすいです。

結論:才能より努力のほうが大事!

まず読んで思ったのが、プロゲーマーのウメハラさんの勝負論と言ってることがとっても似てる!ってことです。

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

ウメハラさんは勝負論の中で「"格ゲー大好きだけど不向きな人"こそが最強になる可能性を秘めている」「不器用こそが武器になる」と主張します。

3年前この主張を目にしたとき「なんで不器用で、向いてない人が強くなるんだろう?」って腑に落ちなさがあったのですが、今日エリクソンさんの本を読んでウメハラさんの正しさをやっと理解できました。

エリクソンさんの説明によると、不向きな人は向いてる人より多くがんばらなければならないプレッシャーを感じて、スタート時点からたくさん練習する習慣を身につける傾向があるというそうです。

そして、スタート時点でそれほど頑張らなければならないプレッシャーを感じなかった向いてる人を後から追い抜いていく。

つまり、長期的に見ればスタート時点の向き不向きは、その後何年にもわたる練習量を考えたら取るに足らないレベルでしかないのです。向いてる人は最初からそれなりにできるので、まどろっこしい基礎を飛ばしたり、独習の習慣が身につかないことがある。

エリクソンさんはズバリ才能より努力のほうが大事とこの本で言い切っています。

私はお絵かきや音ゲーが大好きだけど、いつも向いてなさを感じたり不器用さに悩んだりしています。それでも、細く長く続けていけば最終的には一流になれるかもしれない…!?

具体的にどんな努力をするの?

才能より努力が大事なのはわかったけど、一体どんな努力をするとよいのでしょうか。これはアプリマーケティング研究所さんのツイートがわかりやすくまとめてあるので引用してみます。

こうやってまとめを読むと、「どのポイントも普通のことなのでは?」と思ってしまいますが、本に出てくる超一流な人と自分を比べると、自分の意識の足りなさに気づかされます。

例えば「②練習は集中して行うと良い」とか、数字の暗記に挑戦してるスティーブさんの例だとこんな感じでやってる…

この日のセッションは楽にこなせる三五個からスタートし、数字が増えるにつれてスティーブは気合いを入れていった。私が三九個の数字を読み上げる前には、興奮気味に自らに檄を飛ばし、目の前の大勝負以外は頭にないようだった。「今日は大一番だ!……まだ一つも失敗してないだろう? よし!……記念すべき一日にするぞ!」。私が数字を読み上げていく四〇秒間は押し黙っていたが、それから頭の中で慎重にグループごとにまとめた数字を思い出し、その順序を確認していく間は、興奮を抑えきれない様子だった。何度も大きな音でテーブルを叩き、いくつかの数字のグループやその位置をきちんと思い出せたことを祝うように何度も拍手をした。一度など「絶対正しい! 自信があるぞ!」と叫んだほどだ。

 

ようやく覚えた数字を復唱すると、たしかに正解だったので、続けて四〇個に挑むことになった。ここで再びスティーブは檄を飛ばす。「よし、これが大一番だ! これができたらすべて終わる。なんとしてもやり遂げるんだ!」

 

再び私が数字を読み上げる間は沈黙が続き、それからスティーブが熟考する間には興奮したような物音や叫び声が録音されている。「そうだ!……さあ、どうした!……よし!……いくぞ!」。これもまた正解し、結局この日スティーブは目標どおり四〇個を確実に記憶できるようになった(それ以上はできなかったが)。

 

もちろん誰もが集中するために大声で叫んだりテーブルを叩いたりするわけではないが、スティーブの行動は効果的練習の研究から得られたある重要な教訓を示している。やるべき作業に全神経を集中しなければ、たいした進歩は望めないということだ。

これを読んで、本気になることに対してどこかはすに構えていた自分を恥ずかしく思いました…まず心を開放してテンションMAXになる必要があったのです。明日からスティーブのまねをしてみようと思います!

他のポイントについても、こういう具体的な気付きがいっぱいありました。もしいま何かに挑戦してて壁にぶつかってる人がいたら、現状を打破するヒントがのってるかもしれません。

どれくらいの時間練習すれば超一流になれる?

アプリマーケティング研究所さんのまとめツイートは練習の「質」を高める方法についてのお話でした。この本には、練習の「質」のお話と同じくらい大事な、練習の「量」についての考察もあって、とても面白かったです。

どれくらい練習時間を重ねれば超一流にたどり着けるのか…その問に対してエリクソンさんはこう言います。

「競争の激しい分野だと2万~2万5千時間。競争相手がいない分野だと200時間。比較される競争相手がどれくらい練習するかによって練習時間は変わる。」

国際的ピアノコンクールで優勝するピアニストの練習時間は約2万~2万5千時間。数字の暗記に挑戦したスティーブは82ケタ暗記できるようになるまでに約200時間かかりました(これは1970年台の記録らしいです)。

これを読んで思い出したのが1950年台と今年のオリンピックの体操を比較したこの動画です。


ღ♪░ The Olympics have changed 1950s-2016 ░♪ღ

1950年台の選手の牧歌的な動きに癒やされます…昔は動画くらいの動きで超一流と呼ばれました。けどいま超一流と呼ばれるには昔よりはるかに高い技能が求められます。

ひとことで超一流と言っても、挑戦する分野によって競争の激しさは異なります。

比較される競争相手がより多く練習してくるなら、自分もさらに練習しなければなりません。

これから何かに挑戦するときは、挑戦したいジャンルで一流になった先駆者にいままでどれくらいやったか聞いて、その人と同じかそれ以上の時間をかけてそこまでたどり着く道筋を考えるのがコツだってエリクソンさんはアドバイスしてくれます。

同時にエリクソンさんはディルバートのまんがを引き合いに出して膨大な練習時間が必要なことに対して心にストップがかかる私のような凡人の気持ちも汲んでくれます。

 - Dilbert by Scott Adams

http://dilbert.com/strip/2013-02-07

ディルバート「ある調査によると何事も一流になるには1万時間の練習が必要らしい」

ドッグバート「同じことを1万時間も練習しようなんて意欲があるのは頭がおかしい証拠だ」

ディルバート「そう言ってもらえると凡人の私の気が休まるよ」

ドッグバート「どういたしまして」

心にストップがかからず1万時間走り抜けるためにはどうすればいいのか…それは「限界的練習」という方法で凡人でも走りきれるとエリクソンさんは言います。「限界的練習」がどんな方法なのか気になる方はぜひこの本を読んでみてください!

まとめ

私の好きな趣味はコツコツ系の練習が必要なものが多いです(音ゲーとかお絵かきとか英語とか…)。

そして昔からうまい人とへたくそな私と、一体どこが違うんだろう?って疑問があって、その違いの秘密がこの本を読んで少しだけわかった気がしました。

エリクソンさんにその違いは才能の差じゃなくて、かけた時間とやりかたの差にあるんだよ!って言ってもらえて、とっても励まされました。これからもめげずに好きなことをコツコツがんばってゆきたいです!

モナコミ第4号デジタル版無料公開!らくがきacのモナコインコラム集コーナーも無料公開してみた!

こんにちは。らくがきacです。

昨日、C90夏コミで頒布されたモナコイン合同誌「モナコミ第4号」デジタル版が無料公開されました。 

 今日は、モナコミ無料公開にあわせて、私の描いたモナコインコラムとまんがもここに無料公開してみたいと思います。

それでは以下どうぞ!画像はクリックとかタップで大きくなります!

2020年のモナコイン大胆予想コーナー

f:id:rkgk_ac:20160627011405j:plain

ビットコイン半減期祭り真っ最中の6月頃に書いたコラムなのでけっこうビットコインびいきな内容になっています…><;

かなり振り切った妄想をしていてツッコミどころばかりですが、暗号通貨全体のパイが大きくなるシナリオだけは当たるんじゃないかな~って思っています…!

モナウォレット帽子姉妹のみらいえにっき だい1わ 

f:id:rkgk_ac:20160910204915j:plain

私の考えたモナキャラ、「モナウォレット帽子姉妹」のいもうとがモナウォレット帽子と一緒にお買い物をするまんがです。

舞台はコンビニのドローンがそこらじゅうに飛んでる近未来。ウェアラブルAIウォレットであるモナウォレット帽子がtipmona経由でアイスを買ってくれています。帽子のもふもふ夏はちょっと暑そう…

まとめ

モナコミ第4号、みなさんのかわいい作品や、いろんな意見があり今回もとっても楽しかったです!特にすっとこさんの「is Dead」というマンガには考えさせられました…ぜひモナコイナーのみなさん、読んでみてください。

あと、私の参加者コメントにも描いたのですが、これからの暗号通貨やモナコインについて、もっといろんな立場の未来予想や展望を聞いてみたいと改めて思いました。また来年モナコミ第5号がもしあれば、ぜひ参加したいです!

TOEIC模試やってみて、2ヶ月後のTOEICまでにやることを考えてみた!

こんにちは。らくがきacです。

f:id:rkgk_ac:20160904222553j:plain

今日のブログは、このまえやってみたTOEICの模試の結果から、いまの私がやらなくちゃいけないこと、いろいろ書きながら考えをまとめてみたいと思います。

文法をどうにかする

私の最大の弱点…それは知らない文法がいっぱいあるということ!

いままで読めないところは雰囲気で読んできたけど、ちゃんと文法やってちゃんと読めるようにならなきゃいけないなって思いました。

いろいろ文法の本あるけど、いちばん私の性格に合った説明をしてくれる薬袋善郎先生のドリルをコツコツ覚えていきます。

基本からわかる英語リーディング教本

基本からわかる英語リーディング教本

英語リーディング教本 ドリル: 基本から鍛える

英語リーディング教本 ドリル: 基本から鍛える

あと、TOEICパート5・6の攻略本も1冊やって、文法ちゃんとできるかチェックまでしたら今よりだいぶ楽になれるはず…。

長文を早く読めるようにする

私の2番目の弱点は読むのが遅いこと!

読むのが遅くて20問くらい"ぬりえ"(時間が足りなくてマークシートを全部BBBB…ってぬりえみたいに塗ること)しました。ぬりえしたらもったいないのでもっと早く読めるように訓練していきます。

早く読めるようになるには英文をたくさん読むとといいらしいので、これから時間の許す限りUndertaleのトランスクライブ(←未プレイの人は読んではいけません><;プレイ後にどうぞ~)を読んでいきます。調べ物もできるだけ英語でやってみる。

あと、パート7の攻略本をやって、1問にかかる時間をどれだけ削れるかタイムアタックしていきます。味気ないTOEICの勉強もなるべくゲームっぽく工夫して、楽しくがんばりたいです。

リスニングは今のままがんばる

リスニングパート対策は、今までどおり大好きなカートゥーンを見続けます。いま見てるスティーブンユニバースはこども向け番組だけど、聞き取るのは大人向けのTOEICのリスニングより難しく感じます。SUが楽しめればTOEICはとける…!?

まとめ

これから2ヶ月くらいの英語がんばり月間は英語をがんばるので、ライフワークにしてる暗号通貨ニュースのキャッチアップやらくがき描きも、11月21日までおあずけです(らくがきミックスはつくりたい…)。

それではのこり77日、TOEIC本番までがんばっていきたいです!

らくがきミックス008 「kawaii loose character」できました!

8個めのらくがきミックスはanime trap!

みなさんこんにちは。らくがきacです。

今月も月に一度のらくがきミックスの更新がやってきました。らくがきミックスとは,私のお気に入りの音楽をつなげてつくる30分のノンストップ波形のことです(なんで30分なのかというと,帰り道にちょうど聴ける長さだからです)。

今月は大麻のゆるキャラ"あさみこちゃん"からヒントをもらって、かわいいけどかわいいだけじゃない曲を集めたミックスをつくってみました。アニソンをヒップホップの「Trap」ってジャンルにしてある曲が多いです。

今回はまぜた曲のサウンドクラウドと、元になった曲で私が知ってるのを下にまとめてみました。聴き比べてみよう~。

01.


02.

04.

06.

08.

09.

10.


12.

今日はここまで!来月はどんなミックスつくろうかな~。

いままでのらくがきミックスはこちらから